ブログ

ブログ記事の最適な文字数とは?SEOの観点から目安を解説します

どうも!ライ(@rain0te)です。

今回の記事では、ブログ記事の最適な文字数の目安について詳しく解説していきます。

ブログを書いていると、1記事でどれくらいの文字数を書けばいいのかが分からなくなりますよね。

僕も初心者の頃は文字数が多いほうが良いと思って無駄に長文記事を書いていましたが、単純に文字数を多くすれば良いというわけではありません。

  • ブログ記事の最適な文字数を知りたい
  • SEOで上がりやすいブログ記事の文字数の目安を知りたい

こんな悩み・疑問を解決します。

 

ブログ記事の最適な文字数とは?

ブログ記事の最適な文字数に正解はありません。

理由としては、どんなキーワードを狙って記事を書くかで最適な文字数は変わってくるからです。

例えば、「靴紐の結び方」に関する記事を書く際に、5,000文字で靴紐の結び方を説明するよりも、文字を少なくして動画や画像を使って説明した方が分かりやすくなりますよね?

大事なことは、「ユーザーが知りたい情報を説明するのにどれくらいの文字数が必要なのか?」という部分です。

ユーザーに情報を伝えるのに2,000文字も必要ないテーマに関して無理に2,000文字以上書こうとしてしまうと、長いだけで情報量の薄い記事が出来上がってしまいます。

「文字数を増やせば検索上位に上がる」という考えだと伸び悩んでしまうので注意しましょう。

 

SEOの観点から見たブログの文字数の目安

SEOのイメージ

SEOの観点から考えると、狙うキーワードで上位表示されている記事がどれくらいの文字数を書いているかが1つの目安になります。

Googleの検索エンジンで上位表示されているということは、それだけ記事の内容が評価されていると判断できるからです。

他の記事がどれくらいの文字数を書いているかは、記事を上から下までコピーして文字数カウントサイトに貼り付ければチェックできます。

上位表示されている記事は文字数が多い傾向にありますが、これはコンテンツを充実させようとした結果自然と文字数が多くなったからです。

あなたが狙うキーワードで上位表示されている他の記事はどれくらいの文字数を書いているかを調べてみましょう。

関連記事ブログ初心者が知っておくべきSEO対策の基本【10のポイント】

 

【結論】ブログの文字数は2,000文字は書こう

ブログの文字数の目安

「ブログ記事の最適な文字数は狙うキーワードによって変わる」というのが本心なのですが、具体的な文字数をお伝えすると「最低2,000文字」になります。

2,000文字以上書けば、情報不足でGoogleからの評価が下がるということは考えにくいです。

ライ
実際に僕のブログでも、1記事の平均で2,000〜3,000文字くらいになっています。

1つの見出しで400文字だとすると、見出し5〜6個くらいが1つの目安ですね。

もちろん、記事によっては2,000文字以下で説明できるものもあるため、1つの目安として覚えておいてください。

 

文字数よりも大事なのはユーザーファースト

ブログ記事で大事なのは、文字数よりもユーザーにとってどれだけ役に立つ記事か?という部分です。

いくら検索エンジンで上位表示されても、読者から読んでもらえなければ意味がありません。

ユーザーにとって役立つ記事を書こうと思うと、ユーザーが求める情報量を網羅した記事を作成する必要があります。

情報を網羅することによって自然と文字数が増えてしまった、というのが理想です。

ライ
文字数が多ければ検索結果で上がりやすくなると感じる人も多いですが、大事なのはユーザーファーストだということを覚えておきましょう。

 

読みやすいブログ記事を書くための3つのポイント

ブログを書くイメージ

読みやすいブログを書くためには、文字数以外にも意識すべきポイントがあります。

単純に文字数を増やすだけでは読者にとって読みにくい記事になってしまうため、いくつかのポイントを意識することでグッと読みやすい記事にすることが可能です。

結論からお伝えすると、

  1. 読者が知りたいことに答える記事を書く
  2. PREP法を意識して文章を書く
  3. 1つの記事で書ききれない場合は別記事で作成する

の3つです。

ここから1つずつ詳しく紹介していきます。

 

読者が知りたいことに答える記事を書く

ブログ記事では読者が知りたいことに答えることにフォーカスするようにしましょう。

読者は何か知りたいことや解決したい問題(検索意図)があってあなたのブログ記事を読みに来ています。

なので、記事では読者が知りたいことに答えることが最も重要なんです。

例えばこの記事では、

「ブログ記事の最適な文字数を知りたい」

という読者の悩みに答えるということにフォーカスして作成しています。

「この記事は読者のどんな悩みを解決するのか?」

という部分をはっきりさせてから記事を書くようにしてみましょう。

関連記事【初心者向け】ブログの書き方で最低限知っておくべき13のコツ

 

PREP法を意識して文章を書く

実際に文章を書く場合には、「PREP法」という型を意識するのがおすすめです。

PREP法とは

P:Point(結論)
R:Reason(理由)
E:Example(具体例)
P:Point(結論)

の順番で文章を作成すること。

PREP法に沿った文章を書くことによって、簡潔かつ説得力のある文章を書くことが可能です。

実際に僕の記事でも、ほとんどがPREP法を意識した文章になっています。

無駄に文字数を増やさないためにも、このPREP法を活用して記事を書いてみてください。

関連記事【ブログ】SEOに強い記事の書き方8つのコツ【保存版】

 

1つの記事で書ききれない場合は別記事で作成する

もし記事を書いている中で、メインの内容と少し離れるテーマを書きたくなった場合は別記事で作成しましょう。

Googleは「この記事は〇〇に関する記事である」ということを認識することができるので、メイントピックから外れてしまう内容を書いてしまうと評価が下がってしまう可能性があります。

今は1つの記事にいくつもの情報を載せるよりも、テーマを絞った記事を複数書いたほうが評価が上がりやすいです。

無駄に文字数を増やさないようにするためにも、ぜひ意識してみてください。

 

まとめ:ブログ記事は文字数よりも何を書くかが大事

ここまで、ブログ記事で最適な文字数の目安について解説してきました。

最適な文字数は狙うキーワードによって変わってきますが、2,000文字以上というのを1つの目安にするのが良いでしょう。

無駄に文字数を多くしすぎても意味はありませんので、しっかりと読者の知りたいことに答えるという意識を持って記事を書いてみてください。

あなたがブログで収益化できるようになることを応援しています。

人気記事WordPressブログおすすめテーマ7選【SEO対策済み】

人気記事ブログアフィリエイトでおすすめ神ツール10選【稼ぐには必須】

SEOスタートアップ講座のイメージ
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当ブログの読者様限定で、SEOコンサルタントのライが作成したオリジナル教材動画を無料プレゼント中です!
 


【プレゼントの内容】
 

  • ブロガーがアクセス&収益を増やすためのSEO解説動画
  • ブログで0→5万を稼ぐためのロードマップ
  • LINEの友だち限定で特別なプレゼントあり

 
 

【受け取り方法】

ライをLINEで友だちに追加して無料動画教材をLINEで受け取ってください。

 
下矢印

友だち追加

※LINEの配信はブロックすることでいつでも解除できます。

-ブログ

Copyright© ライノート , 2020 All Rights Reserved.