ブログ

SEOキーワードの正しい入れ方とは?検索上位を取るための方法を解説

SEOキーワードの正しい入れ方とは?検索上位を取るための方法を解説

どうも!ライ(@rain0te)です。

今回の記事では、SEOキーワードの入れ方について解説していきます。

検索上位を取ってアクセスを集めるためには、SEOキーワードを意識するのがポイントです。

僕はSEOコンサルとして日々最新のSEO情報を収集しているので、情報の信頼性には問題ありません。

  • SEOキーワードの正しい入れ方を知りたい
  • SEOキーワードの設定方法についての知識を得たい

こんな悩み・疑問に答えます。

【SEOの基本】キーワードの重要性

SEOにおいて、検索キーワードは非常に重要です。

実際に、Googleが公式に発表しているウェブマスター向けガイドラインにも、

ユーザーがサイトを検索するときに入力する可能性の高いキーワードを検討し、そのキーワードを実際にサイトに含めるようにします。

ウェブマスター向けガイドライン

という内容が記載されています。

検索エンジンがキーワードをいかに重要視しているかというのが分かります。

具体的な方法としては、ユーザーが検索するキーワードをタイトルや見出し、文章中などに入れることが必要です。

ユーザーが検索する可能性の高いキーワードの検索意図を把握し、適切なコンテンツを作成することが重要になります。

 

SEOキーワードの正しい入れ方

SEOキーワードのイメージイラスト

SEOキーワードの正しい入れ方について解説します。

キーワードを入れる場所としては、

  • 記事タイトル
  • h2、h3などの見出し
  • 本文
  • メタディスクリプション
  • メタキーワード

があります。

これらの場所に適切にキーワードを入れることで記事の順位を上げることが可能です。

それぞれの場所についてキーワードの入れ方を見ていきましょう。

 

記事タイトル

記事タイトルはSEOにおいて最も重要な部分です。

記事タイトルにSEOで狙っているキーワードを入れていなければ、上位表示される確率はガクッと下がってしまうでしょう。

Googleはタイトルの中でも左側に配置されているキーワードを重要だと認識するので、狙っているキーワードはなるべく左に持ってくるようにするのがおすすめです。

例えばこの記事では「SEO キーワード 入れ方」というキーワードを狙っていますが、タイトルは

SEOキーワードの正しい入れ方とは?検索上位を取るための方法を解説

という形で狙うキーワードを左側に配置しています。

日本語的におかしくならない範囲でタイトルにキーワードを入れるようにしましょう。

関連記事読まれるブログ記事タイトルの付け方の3つのコツ【クリック率UP】

 

h2、h3などの見出し

タイトルの次に重要なのがh2やh3などの見出しです。

特にh2見出しはSEOに与える影響が大きいので、なるべくh2には狙っているキーワードをいれるようにしましょう。

例えば、この記事でも、

h2:SEOキーワードの正しい入れ方

という形で一番最初のh2見出しには狙っているキーワードを入れるようにしています。

狙っているキーワードやサジェストキーワードは見出しに入れるようにしましょう。

関連記事読まれるブログ記事構成を作る5つの手順を解説【初心者必見です】

 

本文

本文テキスト中には狙うキーワードよりも、サジェストや関連キーワードを入れるようにしましょう。

サジェストとは

検索窓にキーワードを入れたときに出てくる候補キーワード。

「ブログ」のサジェストキーワード

関連キーワードとは

検索した際に一番下に出てくるキーワード。

「ブログ」の関連キーワード

また、共起語を自然な形で本文中に入れるのも大事です。

 

共起語とは

狙っているキーワードで上位表示されている記事の中で頻出する言葉。

そのトピックを説明するために必要な言葉であることが多い。

共起語を調べるツールとしては、

などがあります。

これらのツールで調べた共起語を本文中に入れることでSEOでの評価が高まり、検索で上位表示されやすくなります。

共起語も意識して本文を作成することで、アクセスが集まりやすい記事を書くことができるでしょう。

関連記事【初心者向け】ブログの書き方で最低限知っておくべき13のコツ

 

メタディスクリプション

メタディスクリプション(meta description)とは、検索結果でタイトルの下に出てくる説明文のことです。

ライノートのメタディスクリプション

上記の画像は「ブログ 収入 始め方」で検索したときに表示されている記事ですが、キーワードが太字になっています。

メタディスクリプションにも狙っているキーワードを入れることで、太字になって読者に「ここには自分が求めている情報が載っている」ということを印象づけることが可能です。

メタディスクリプションにも狙っているキーワードやサジェストキーワードを自然な形で入れるようにしましょう。

ライ
メタディスクリプションの文字数は120文字以内に収めるのが基本です。

 

メタキーワード

メタキーワードにも狙っているキーワードやサジェストキーワードを入れるようにしましょう。

メタキーワードは元々、その記事で狙っているキーワードをGoogleに正しく伝えるための働きをしていました。

ただ、現在はSEO効力がなくなったと言われており、Googleも公式発表において「メタキーワードはSEO効果がない」と言っています。

参考:2009年9月21日ウェブマスター公式ブログ

なので、ほとんど意味はないかもしれませんが「入れないよりも入れたほうがマシ」くらいの感覚でメタキーワードを入れておくのが良いでしょう。

ちなみにWordPressではメタキーワードは投稿記事ページの下の方に入力欄があります。

ライノートのメタキーワード入力欄

ここに狙っているキーワードを半角カンマ区切りで入れます。

この記事の場合、

SEO キーワード 入れ方,キーワード 設定

という形でキーワードを設定しています。

 

SEOキーワードを入れる際の注意点

SEOキーワードを入れる際の注意点について解説していきます。

ここで説明するポイントを理解することで、Googleからのペナルティを防ぐことができるでしょう。

結論からお伝えすると、

  1. 不自然にキーワードを詰め込み過ぎない
  2. キーワードの出現率を3%以内に抑える

の2つです。

ここから1つずつ解説していきます。

 

不自然にキーワードを詰め込み過ぎない

不自然にキーワードを詰め込みすぎないようにしましょう。

過剰なキーワードの詰め込みを行うことで、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

例えば、

h2:おすすめのワイヤレスイヤホン10選
h3:おすすめのワイヤレスイヤホン①
h3:おすすめのワイヤレスイヤホン②
h3:おすすめのワイヤレスイヤホン③


のような形で各見出しに狙っているキーワードを入れてしまうと、キーワードの詰め込みだと見られてしまう可能性が高いです。

h2にキーワードを入れればh3にも同じキーワードを入れる必要はありませんので、こちらもぜひ意識してみてください。

 

キーワードの出現率を3%以内に抑える

記事内で狙うキーワードの比率は3%以内に抑えるようにしましょう。

過剰にキーワードを使用しても、効果がない可能性が高いからです。

基本的には上述したように、

  • タイトル
  • 見出し
  • 本文
  • メタディスクリプション
  • メタキーワード

にキーワードを盛り込めば問題ありません。

もしキーワードの出現率を調べたい方は、ファンキーレイティングというサイトでキーワードの出現率を調べることも可能です。

 

まとめ:SEOキーワードを入れて検索上位を取ろう

ここまで、SEOキーワードの正しい入れ方について詳しく解説してきました。

ブログ記事を検索上位に上げるためにSEOキーワードの理解は非常に重要です。

今回の記事で説明した内容を参考にしていただき、記事の中に狙っているキーワードを設置するようにしてみてください。

ライ
あなたがブログで収益化できるようになるのを祈っています。

人気記事WordPressブログおすすめテーマ7選【SEO対策済み】

人気記事ブログアフィリエイトでおすすめ神ツール10選【稼ぐには必須】

SEOスタートアップ講座のイメージ
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございます。

当ブログの読者様限定で、SEOコンサルタントのライが作成したオリジナル教材動画を無料プレゼント中です!
 


【プレゼントの内容】
 

  • ブロガーがアクセス&収益を増やすためのSEO解説動画
  • ブログで0→5万を稼ぐためのロードマップ
  • LINEの友だち限定で特別なプレゼントあり

 
 

【受け取り方法】

ライをLINEで友だちに追加して無料動画教材をLINEで受け取ってください。

 
下矢印

友だち追加

※LINEの配信はブロックすることでいつでも解除できます。

-ブログ

Copyright© ライノート , 2020 All Rights Reserved.